2022/06/13

映画[原発夫婦]芦浜原発計画と闘った37年間のこと、あれからのこと、これからのこと

 1963年(昭和38年)三重県の南に位置する南伊勢町と大紀町にまたがる芦浜に突如、原発建設計画が持ち上がります。1963年〜2000年までの37年間にもおよぶ苦闘の末、芦浜原発計画は白紙撤回となりました。この作品は、その長く辛い闘争を生き抜いた漁師夫婦の記録です。




2022/05/22

日本の原子力開発と東海第二原発の再稼働 小出裕章

 茨城県の東海第二原発は、東京に一番近い(100km)日本初の大型原子力発電所として1978年に営業運転を開始しました。東日本大震災以降は稼働を停止していますが、2018年、原子力規制委員会が20年の運転延長を認可しました。原発の存廃は、社会的にも、経済的にも、県民の生活に大きな影響を及ぼします。そこで小出さんそんな原発は再稼働させる合理的な理由存在しないと熱く語ります。

小出裕章さんのプロフィール

1968年 原子力の平和利用に夢を抱いて東北大学工学部原子核工学科入学

1970年 宮城県女川での反原発集会への参加を機に原発を止めるために原子力の研究を続けることを決意

1974年 京都大学原子炉実験所助手

2015年 同実験所助教を定年退職




2022/05/04

発酵テーマパーク[カモシー ]震災ですべてを失って・・。 再び今泉地区に「発酵文化」を!

麹を発酵させ、酒や醤油をつくることを「醸す」といいます。この「醸す」ということばから、「発酵テーマパーク CAMOCY(カモシー)」が出来ました。場所は、岩手県陸前高田市今泉地区。今泉という地名の通り、地下水がこんこんと湧き出ていたこの地では江戸の時代から醸造業が盛んでした。東日本大震災は、風景だけでなく身体になじんだ生活の匂いも、地元の人々から奪い去っていきました。再び今泉地区に「発酵文化」の種を撒こうと、地道な活動を進めてきた地元有志たちが0から立ち上げたCAMOCY(カモシー)を八木澤商店の河野さんが熱く語ります。

発酵パーク カモシー https://camocy.jp



2022/04/09

【東電テレビ会議・特別編集】情報統制と被曝〜震災3日後に何が? 3月13日午前5時~14日午後23時

13日の段階で、3号機の圧力が上昇し放射能放出の恐れがある中、本店の緊急対策室にいた高橋フェローが深刻な事態をプレスに公表してはどうかとテレビ会議で提案。これに対し、オフサイトセンターにいた武藤副社長や福島第一原発にいた吉田所長も同意するものの、官邸や保安院から公表を止められる。勝俣会長も事態を楽観視し、「国民を騒がせるのはどうか」と公表に反対していた。
翌日3月14日。福島県は午前9時からの関係部長会議で、事態を公表する予定だったが、政府(保安院)の強い要請で東電が情報提供を中止。その2時間後に3号機が爆発に至る。爆発後、福島県の佐藤知事は、東電に対して「健康に影響はない」とプレス発表するよう働きかけていた事実も記録されている。



2022/03/31

「どの道、吹っ飛ぶ」 福島第1原発事故 東電会議映像 2011年3月13日未明~14日午前11時 3号機爆発まで

東京電力が一般公開した福島第1原発事故直後から記録された社内テレビ会議の映像約150時間のうち、約6時間分から編集したものです。3号機の水素爆発前には吉田昌郎所長(当時)が上ずった声で本店に叫ぶなど、緊迫した様子が克明に記録されています。



2022/01/05

<東日本大震災から11年 つながるつなげる>被災地へ バス走らせ数十回、延べ八百人以上!

「とにかく見るだけでいいんだ」−。東日本大震災の被災地からの訴えに背中を押されて、須摩修一さんは、震災翌年から首都圏の知人らを乗せて、マイクロバスを走らせてきました。運転手兼案内人として、往復したのは数十回。被災地の「今」を見て聞いて、語り合うことで、震災後の新たなつながりを育んでいます。