2021/10/17

1990年から地道な地域活動しています。偉いなー!:いわき市の吉田恵美子さん

 吉田さんたちは、ゴミ問題の解決に向けて、古着のリサイクル活動に1990年から取り組んでいます。古着などの繊維製品のリサイクル率は全国平均で20%にも満たないと言われています。しかし、吉田さんたちは様々な手法を組み合わせてリサイクルすることにより、現在90%以上のリサイクル率を達成しています。





2021/09/17

震災復興を目指した体験交流活動から気がついたこと

斎藤実さんが主催しているNPO法人南相馬サイエンスラボは福島南相馬市で主に親子に対して自然科学・農業食育・環境保護・歴史文化等のなど体験教育活動を支援しています。その震災復興を目指した体験交流活活動から気がついた体験を熱く語ります。




2021/08/15

お寺の終活プロジェクト~多死と孤立社会を生き抜く「とむらいのコミュニティ」とは

大阪・ミナミのはずれに、お葬式をしないお寺・應典院があります。仏事のない代わりに、年間100以上のイベントを開催し、「日本一若者が集まるお寺」の異名を取ります。住職の秋田光彦さんはかつて映画「狂い咲きサンダーロード」などインディーズ映画ブームを巻き起こした一人。97年に廃寺同然だった應典院をアート系寺院として再建しました。

  2018年から新たに始まった「お寺の終活プロジェクト」は、多死と孤立の現代において、「とむらいのコミュニティ」の拠点として寺院を再生しようというもの。「無縁から、結縁へ」を合言葉に、市民活動者や終活事業者、また超宗派の僧侶らと協力して、市民に開かれたお堂「ともいき堂」も新築、その資金の一部はクラウド・ファンディング によって調達されました。




2021/05/09

河合弘之監督インタビュー[日本と再生 光と風のギガワット作戦]

 [日本と再生 光と風のギガワット作戦]は[日本と原発 4年後]に続く第二作で、ドイツ、デンマーク、中国、アメリカなど世界各地で進む自然エネルギーへの転換の実情がとことんわかるようにつくられています。そして、自然エネルギーに否定的な意見に対してきっちり反論できるようになる映画でもあります。

ちなみに、1ギガワット=原発約1基分。これを自然エネルギーでまかなうことで地域も経済も再生するという監督の信念と自信が説得力をもって熱く伝わってきます。

本編はこちら







2021/04/26

日本と再生 光と風のギガワット作戦

[日本と再生] 光と風のギガワット作戦 がYouTubeで一般公開されました。
全国の原発差止訴訟の先頭に立つ河合弘之弁護士が、環境学者の飯田哲也氏とともに世界各国を旅して自然・再生エネルギーの実情に迫ったドキュメンタリーです。電力輸出が増大するドイツ、米国防総省が進める自然エネルギー計画、原発推進国と思われていた中国の絶対的自然エネルギー隆盛etc。原発でも化石燃料でもない、太陽や風、地熱、バイオマスなどのクリーンなエネルギーの未来を探リます。

下記の写真をクリックすると動画が始まります。





2021/04/10

ご当地エネルギー 小山田 大和さんの報告 神奈川県小田原市のソーラーシェリング(営農型太陽光発電所)

 「ご当地エネルギー」とは地域に眠る自然資源を活かしてエネルギーを生み出すことで、地域のメリットにつなげる取り組みです。ここ数年で太陽光発電や風力発電といった自然エネルギーが全国に広がっています。「ご当地エネルギー」の実践者として、神奈川県小田原地域で農業と太陽光発電を両立するソーラーシェアリングを広める小山田大和さんが熱く語ります。

鈴廣かまぼこ→こちら

エネルギーから経済を考える経営者ネットワーク→こちら

ほうとくエネルギー株式会社→こちら

湘南電力→こちら



2021/03/12

パワーシフト~おうちの電気から考える未来の社会のつくりかた-6

 再生可能エネルギーの電力会社を選びたいけれど、様子をみてそのままになっていた…という方も多いかもしれません。 パワーシフトとは、自然エネルギーが中心となった持続可能なエネルギー社会に向けて電力(パワー)のあり方を、変えていくこと。 日本でも各地でユニークな電力会社が動き出しています。また、企業や事業所の再エネ選択も加速しています。 誰もが使う「電気」を切り口に、日本のエネルギーの現状や「市民パワー」の可能性を探ります。


 FoE Japan → こちら
グリーンピープルズパワー → こちら



パワーシフト~おうちの電気から考える未来の社会のつくりかた-5

 再生可能エネルギーの電力会社を選びたいけれど、様子をみてそのままになっていた…という方も多いかもしれません。

パワーシフトとは、自然エネルギーが中心となった持続可能なエネルギー社会に向けて電力(パワー)のあり方を、変えていくこと。 日本でも各地でユニークな電力会社が動き出しています。また、企業や事業所の再エネ選択も加速しています。 誰もが使う「電気」を切り口に、日本のエネルギーの現状や「市民パワー」の可能性を探ります。

 FoE Japan → こちら
グリーンピープルズパワー → こちら



2021/03/11

パワーシフト~おうちの電気から考える未来の社会のつくりかた-4

再生可能エネルギーの電力会社を選びたいけれど、様子をみてそのままになっていた…という方も多いかもしれません。 パワーシフトとは、自然エネルギーが中心となった持続可能なエネルギー社会に向けて電力(パワー)のあり方を、変えていくこと。 日本でも各地でユニークな電力会社が動き出しています。また、企業や事業所の再エネ選択も加速しています。 誰もが使う「電気」を切り口に、日本のエネルギーの現状や「市民パワー」の可能性を探ります。

 FoE Japan → こちら
グリーンピープルズパワー → こちら

  

パワーシフト~おうちの電気から考える未来の社会のつくりかたー3

 再生可能エネルギーの電力会社を選びたいけれど、様子をみてそのままになっていた…という方も多いかもしれません。 パワーシフトとは、自然エネルギーが中心となった持続可能なエネルギー社会に向けて電力(パワー)のあり方を、変えていくこと。 日本でも各地でユニークな電力会社が動き出しています。また、企業や事業所の再エネ選択も加速しています。 誰もが使う「電気」を切り口に、日本のエネルギーの現状や「市民パワー」の可能性を探る吉田明子さんからの報告です。

FoE Japan → こちら 
グリーンピープルズパワー → こちら





2021/03/02

パワーシフト~おうちの電気から考える未来の社会のつくりかたー2

再生可能エネルギーの電力会社を選びたいけれど、様子をみてそのままになっていた…という方も多いかもしれません。 パワーシフトとは、自然エネルギーが中心となった持続可能なエネルギー社会に向けて電力(パワー)のあり方を、変えていくこと。 日本でも各地でユニークな電力会社が動き出しています。また、企業や事業所の再エネ選択も加速しています。 誰もが使う「電気」を切り口に、日本のエネルギーの現状や「市民パワー」の可能性を探る吉田明子さんからの報告です。

 FoE Japan → こちら 
グリーンピープルズパワー → こちら













2021/02/27

パワーシフト~おうちの電気から考える未来の社会のつくりかたー1

再生可能エネルギーの電力会社を選びたいけれど、様子をみてそのままになっていた…という方も多いかもしれません。 パワーシフトとは、自然エネルギーが中心となった持続可能なエネルギー社会に向けて電力(パワー)のあり方を、変えていくこと。 日本でも各地でユニークな電力会社が動き出しています。また、企業や事業所の再エネ選択も加速しています。 誰もが使う「電気」を切り口に、日本のエネルギーの現状や「市民パワー」の可能性を探る吉田明子さんからの報告です。

 FoE Japan → こちら
グリーンピープルズパワー → こちら



2021/01/30

1905楢葉中学の震災から今-元校長先生の報告-

東日本大震災から10年が過ぎました。福島県沿岸部は津波と東京電力福島原子力発電所事故により、大きな被害を受け、南相馬市や双葉郡の各町村では、多くの住民が避難を強いられました。仮設住宅で生活し、仮設の学校に通う子どもたち。苦難や心の傷を抱えた子どもたちに教師たちはどう向き合ったのでしょうか。 福島県楢葉町立楢葉中学校校長(2019年3月31日退職)の荒木幸子さんからの報告です。                 群青→こちら

2020/12/20

続全共闘白書2 社会運動と全共闘

今から半世紀前、街頭ではベトナム反戦闘争、キャンパスでは日大・東大闘争が勃発、それは一気に全国の大学・高校へ飛び火、「全共闘運動」が燎原の炎のごとく燃え広がりました。

あれから半世紀、全共闘世代も「後期高齢者」の仲間入り。ふたたび「日本の社会制度」を揺るがしつつあります。高齢社会の厳しい現実を彼らはどう受け止め、どんな覚悟で「社会的けじめ」をつけようとしているのか? どんな「社会的遺言」を遺し伝えたいのか? 現役東大生とのクロストークをご覧下さい。 



2020/12/01

続・全共闘白書:50年目の総括 災害ボランティアと全共闘-1

120超の大学・高校での全共闘・学園闘争体験者から450超の回答!
日大・東大闘争の被告をはじめ、安彦良和氏(ガンダムの原作者、弘前大学全共闘)ら文化人も。獄中から重信房子氏ら、北朝鮮から「よど号」当事者の回答も。
今から半世紀前、街頭ではベトナム反戦闘争、キャンパスでは日大・東大闘争が勃発、それは一気に全国の大学・高校へ飛び火、「全共闘運動」が燎原の炎のごとく燃え広がりました。
あれから半世紀、全共闘世代も「後期高齢者」の仲間入り。ふたたび「日本の社会制度」を揺るがしつつあります。高齢社会の厳しい現実を彼らはどう受け止め、どんな覚悟で「社会的けじめ」をつけようとしているのか? どんな「社会的遺言」を遺し伝えたいのか? リアルな肉声と共に、年収をはじめとする生活実態に関する集計結果をもって、団塊世代の尖端を担ってきた全共闘体験者の「現在と未来と課題」を浮き彫りにする「歴史的レポート」。







2020/07/06

経済再開だそうですが、先生、私たちどうしたらいいですか?

アメリカ、ヒューストン、若手日本人医師に聞く、新型ウィルス勉強会(最新事情 2020/6/中旬現在)
アメリカ、テキサス、ヒューストンで、実際に現場で患者さんを診ている先生方が、新型コロナウイルス・COVID19をどのように考えているのか、今いちばん知りたい疑問に大変分かりやすく答えます。とても参考になるテーマを素人に明快に答えているので転載させてもらいました。



2020/07/04

幽霊は人に出て、妖怪は場所に出る-後編

お寺の住職が身近な「オカルト」をぶっちゃけて解説します。→後編です。
●前編はこの下にあります。

日本は、古来より「幽霊」や「妖怪」のなどのオカルト的な話が語り継がれてきました。単に超自然的なことを怖がるということよりも、そこには先人の暮らしの上での「知恵」や「戒め」を伝える意味であることが少なくありません。

今回は、福島県福島市松川の「盛林寺」住職の岡野定丸さんが、普段、耳にする「幽霊」や「妖怪」などのオカルト的なものの他、「四柱推命」、「六曜」などから学べる先人の知恵のお話です。





2020/06/17

幽霊は人に出て、妖怪は場所に出る-前編

お寺の住職が身近な「オカルト」をぶっちゃけて解説します

日本は、古来より「幽霊」や「妖怪」のなどのオカルト的な話が語り継がれてきました。単に超自然的なことを怖がるということよりも、そこには先人の暮らしの上での「知恵」や「戒め」を伝える意味であることが少なくありません。

今回は、福島県福島市松川の「盛林寺」住職の岡野定丸さんが、普段、耳にする「幽霊」や「妖怪」などのオカルト的なものの他、「四柱推命」、「六曜」などから学べる先人の知恵のお話です。



2020/05/14

[Life 生きてゆく][家族写真]笠井千晶さん

[Life 生きてゆく]ドキュメンタリー映画:第5回山本美香記念国際ジャーナリスト大賞受賞
「本当に助けて欲しいって思った時には、来なかったねえ、誰もー。」
舞台は、福島第一原子力発電所の北22km。津波に見舞われた福島県南相馬市萱浜(かいはま)地区。消防団員の上野敬幸さんは、自宅にいた両親と子ども2人を津波で流され、必死に家族を捜していました。その最中、福島第一原発が爆発。街から人の姿は消え、警察も自衛隊も来ません。捜索のために避難を拒んだ上野さんの目に映ったのは、津波で一帯が根こそぎ流された萱浜地区に、たった一軒遺った我が家だったそうです。

[家族写真]第26回小学館ノンフィクション大賞
思いがけず訪れた、初めてのノンフィクション執筆の機会。選んだ題材は、2年前に自主制作したドキュメンタリー映画『Life 生きてゆく』のストーリーでした。映画では表現しなかった部分として、今回は、カメラを回す私自身と福島の津波被災遺族との関係性を軸に書き進めていきました。出会いから、その後の長期にわたる関わりの日々を、ありのままに執筆しました。

笠井千晶元報道記者(SBS静岡放送・中京テレビで計15年間勤務)
テレビ報道の現場で、トータル15年間の経験を積む。
報道記者やニュースディレクターとして、現場リポートの他、社会派のドキュメンタリーを制作。多数の受賞歴を持つ。
2006年秋に渡米。ニューヨークに1年半滞在し、ドキュメンタリー制作の本場で活躍する映画監督などに刺激を受ける。
2008年に帰国後、テレビの現場と並行しながら、ビデオカメラを手にフリーのジャーナリスト活動を開始。自主上映会の開催等活動する。

笠井千晶Homeページ







2020/03/17

マスクを医療従事者に
無料で差し上げます。
 
いつも、危険を伴うお仕事ご苦労様です。ご活用下さい。
本間が6年前の福島のボランティア除染作業時に内部被曝を防ぐために使用したマスクです。その際に、少し余った在庫ですが、基本的には腐る物ではないので
多分、未だ使えると思います。
数量:100枚
送料:無料 こちらで負担します。
品名:N95防護用マスク


米国NIOSH(労働安全衛生研究所)の規格NIOSH42CFR84の
基準N95に適合しています。
(合格番号 TC-84A-3718)
      オイルミストを含まない微粒子状物質(試験粒子平均0.3μm)
           に対し95%以上の捕集効率を持ちます。

                - 特長 -

           包み込む形状で、快適なフィット性。
             折畳式でかさばりません。
      ソフトな周囲は顔の形状を選ばず、漏れの少ないタイプです。
        1枚ずつパッケージされているので、持ち運びに便利 

           耳かけ式ではなく頭にかけるタイプです。

          鼻の形状に合わせるように針金がついています。

  マスク上部には排気弁がついています。排気弁のないタイプに比べて呼吸が
               しやすくなっています。

- 装着の仕方 -

鼻の部分にあわせて針金をまげる

マスクと下のゴムを持って頭からかぶります。

残った上のゴムを頭にかけます。

鼻の部分の針金を調節してマスクが顔に密着するようにします。

ハイできあがり

連絡先 本間 俊雅
住所:〒151-0066 東京都渋谷区西原1-39-18
TEL:090-1662-8323  営業時間:11:00→24:00 365日対応
電話に出ないときは、留守電に伝言を残しておいて下さいな。1時間以内にご返事します。
メールアドレス:aboutweb@me.com