2019/01/31

3.11から8年 [リスクと生きる、死者と生きる] 石戸 諭さん講演会

私達はこの大震災をどう次世代に伝えていくのか?どう向き合うのか?
日時:2019年 3/24(日)午後4時から5時30分 質問Time:5時30分〜6時(14:30開場) 交流会:18:15〜

場所:イネコヨガスタジオ 〒151-0066東京都渋谷区西原1-39-18

参加費/定員:1,000円/30名 交流会:3,000円

東日本大震災から8年、震災や津波や原発事故について無数の言葉が語られてきましたが、それらの主語にあたる『当事者』『被災者』『東電』といった大きなくくりでは、抜け落ちるものがあるのではないか? もっと『個的な言葉』に耳を傾けるべきではないか? というスタンスのもと、80年代生まれの石戸さんが熱く語ります。

石戸 諭さんプロフィール
1984年、東京都生まれ。2006年に立命館大学法学部を卒業し、同年に毎日新聞社に入社。岡山支局、大阪社会部。デジタル報道センターを経て、2016年1月にBuzzFeed Japanに移籍。2018年4月に独立し、フリーランスの記者、ノンフィクションライターとして活躍している。2011年3月11日からの歴史を生きる「個人」を記した著書『リスクと生きる、死者と生きる』(亜紀書房)を出版する。デビュー作でありながら読売新聞「2017年の3冊」に選出されるなど各メディアで高い評価を得る。

予約方法
1.申込みフォーム 予約サイト:こくちーず

2.メール:aboutweb@me.com

3.電話:090-1662-8323






0 件のコメント: